教科書会社が検定中の教科書を教員に見せて謝礼を支払っていた問題で、小中学校の教科書を発行する22社のうち、業界最大手の東京書籍など12社が検定中の教科書を見せ、うち10社が公立小中学校の教員ら約4千人に現金などを渡していたことがわかった。22日、文部科学省が発表した。

 検定中の教科書を外部に見せることは文科省の通知や規則で禁じられている。三省堂が検定中の教科書を外部に見せて謝礼を渡したことが昨年10月に発覚したことを受け、文科省は同様の行為をしていないか各社に自己点検を要請。報告書の提出を求めていた。謝礼のほか、数研出版が2012~13年度、教科書を選ぶ立場の教育長と教育委員の計10人に中元や歳暮を贈ったことも判明。馳浩文科相は22日の閣議後の記者会見で「規模を考えれば重大な問題。教科書会社に対してどう対処すべきか1カ月以内に判断したい」と話した。

 文科省への報告は、営業活動のルール変更があった06年9月以降が対象。小学校と中学校で使う教科書の検定があった09~14年度、大手を中心に12社が検定中の教科書を見せた。このうち10社が謝礼として現金や図書カード、手土産2千~5万円(相当)を教員ら計3996人に渡した。数十人を集めた会議や懇親会、4~5人程度の車座、1対1など様々な形式で計1079回あったという。

 この10社のうち7社は謝礼を渡さなかったときもあり、別の2社と合わせて計9社が教員ら1151人に、謝礼を渡さずに検定中の教科書を見せた。

 支払いが高額だったのは三省堂…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら