[PR]

 テニスの全豪オープン第5日は22日、メルボルン・パークで男子シングルス3回戦があり、第7シードの錦織圭(日清食品)は第26シードで世界ランキング27位のギリェルモ・ガルシアロペス(スペイン)を7―5、2―6、6―3、6―4で破り、5年連続の16強入りを決めた。錦織は第1セットの第7ゲームをブレークされたが、第9ゲームから4ゲームを連取した。第2セットは2度ブレークされ、巻き返された。第3セットは第6ゲームをブレークした。第4セットは第3ゲームをブレークし、流れを引き寄せた。

こんなニュースも