「中学数学の教科書を見てもらえませんか。食事しながら」。大阪府の男性数学教員は2010年春、知り合いだった教科書会社の営業担当に頼まれ、指定された大阪市中心部のビル最上階の和食店に出かけた。男性教諭は別の社の教科書執筆に関わった経験がある。畳敷きの個室に社員が2人。一緒にコース料理を食べながら、表紙が白い中学1~3年用と中高一貫校用の数学教科書を見せられた。検定中の教科書だった。

 「この教科書の特徴はこういう感じです」「教科書の範疇(はんちゅう)を超える内容は巻末に入れています」「これまで使った教科書で問題と感じたことは?」

 会合は約3時間続いた。男性教員は「謝礼」として現金約2万2千円を渡され、食事代も払ってもらった。「良い教科書作りのために意見を聞きたいんだろう。だが、謝礼をもらったのはまずかった」と振り返る。後日、学校に来た営業担当者に「先日は、ありがとうございました」と言われた。学校に出入りする教科書会社には、「(教科書採択に関与する)調査員の先生はだれですか」と聞く営業担当者もいたという。

 教科書会社が教員と接する理由の一つが、一部が調査員になるからだ。調査員は、教科書を採択する教育委員が参考にする資料を作ることが多い。担当教員名は非公表だが、ある営業担当は「候補者は限られた人数なので推測できる。可能性のある教員らの意見を聞いて反映しておけば、採択されやすくなる」と話す。

 関西の中学英語教員の女性は調…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら