ホンダは、プラグインハイブリッド車(PHV)の次世代モデルで、排ガスを一切出さずに走れる距離を100キロ以上に延ばす。PHVはガソリンエンジンも積むが、日常生活ではほぼ使わずに済みそうで、PHVとしてはトップ級の環境性能になる。

 PHVは、充電した電気が続く限り、電気自動車(EV)として走れるエコカー。ホンダは次世代PHVで、充電池の性能を高めて同じ大きさでためられる電気の量や出力を伸ばし、モーターの効率も改善。フル充電時のEV走行できる距離を現行セダン「アコード」PHVの3倍にあたる110キロ程度まで延ばす。

 次世代車は、2018年までに北米に投入し、日本でも展開する方向だ。3月投入の新型セダンの燃料電池車(FCV)の車台が使われる。

 日本では、三菱自動車のPHV…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら