[PR]

 東京ドームは22日、1988年の開業以来初めての大がかりな改修を、今月から3年かけて実施すると発表した。約50億円をかけて照明をLED化したり、座席をよくしたりする。期間中も営業は続ける。

 照明は一般的なメタルハライド灯に替えて、LED投光器を約700台導入する。納入するパナソニックによると、消費電力は54%減り、照らす角度や範囲を工夫した設計でまぶしさも抑えているという。

 プロ野球チームの本拠地では、横浜スタジアムやヤフオクドーム(福岡市)もLED照明になっている。

 約3万4千席ある内野席は形を変えて、ひざ前のスペースを1・5倍に広げる。そのうち1階の2万席はクッションをつける。バックネット裏には人工皮革を使った約500席を新設する。

こんなニュースも