[PR]

 岐阜県警は22日、覚醒剤を所持していたとして、同県下呂市在住の高校1年の少女(16)を覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕し、送検したと発表した。少女は容疑を認めているという。尿検査で覚醒剤の反応が出たといい、県警は少女が覚醒剤を使ったとみて捜査している。

 県警によると、少女は覚醒剤約3グラム(末端価格21万円)を所持した疑いがある。少女は「1人で使用するために買った」と供述しており、県警は入手ルートなどを調べている。

 少女は母親に小遣いの使い道を問いただされ、覚醒剤の所持を認めた。20日、覚醒剤と注射器13本を持って母親とともに下呂署に出頭。県警は自宅と通学先の高校を家宅捜索し、他に注射器1本と空のポリ袋1点を押収した。少女は出頭前日の19日まで普段通り登校していたという。

 県教育委員会は逮捕を受け、22日に薬物使用を防止する指導の徹底を呼びかける通知を県内全公立学校に出した。学校安全課の服部和也課長は会見で「重く受け止めなければならない。二度と起こらないように全力を挙げる」と話した。