常陸宮さまが長年にわたるがん対策への貢献を評価され、「がん対策パリ憲章大賞」を受賞することになった。フランスのベルサイユ宮殿で2月に授賞式があり、ご夫妻で出席する。常陸宮さまは40年以上にわたり、魚やカエルといった動物の病理学を主にがんの研究を続け、がん研究会の名誉総裁も務めている。

関連ニュース