[PR]

 熊本県玉名市の県道で21日夜、私立城北高校(同県山鹿市)のスクールバスがガードレールに衝突した。学校関係者によると、バスを運転していた男性職員(62)は「くらっとして意識を失った。事故当時のことは覚えていない」などと話しているという。乗っていた生徒12人と男性にけがはなかった。

 学校や県警によると、バスは同日午後6時10分ごろ、下校する生徒を乗せて出発。同50分ごろ、片側1車線の緩やかな左カーブで対向車線側のガードレールに衝突したという。

 同校では男性職員の持病は把握しておらず、21日の事故後の検査でも異常は見つからなかったという。

 庵真一教頭は「怖い思いをした生徒もおり、精神的なケアをしていく。二度と事故が起こらないよう対応していきたい」と話した。