[PR]

 日本付近に強い寒気が入り、強い冬型の気圧配置になることから、23~25日にかけて西日本をはじめ、東日本や東北地方の日本海側を中心に大雪になる恐れがある。23日夜には、東京都心など関東南部の平野部でも積雪が予想される。気象庁は普段雪が降らない所でも大雪になるため、路面の凍結や除雪中の事故などに注意を呼びかけている。

 25日にかけて、日本付近の上空にこの冬一番の強い寒気が入り、23日夕方から関東地方の平地でも雪が積もる可能性がある。ただ、関東沿岸に発生する低気圧の勢力が弱いと見込まれるため、気象庁では「今月18日のような大雪にはならない見込み」としている。

 23日夕までに予想される降雪量は、いずれも多い所で、関東北部平野部などで3~5センチ、南部平野部で1~2センチ。東京23区は1センチ程度の降雪がある見込み。

 24~25日にかけては、雪を降らせる目安となる、上空約1500メートルにマイナス6度以下の寒気が流れ込む。このため、九州南部の平地では大雪になり、四国、東海地方の太平洋側も大雪になる所があるとしている。

 全日本空輸は22日、23日夕方から夜にかけて羽田空港を発着する国内線22便を欠航すると発表した。降雪の影響が予想されるため。約2200人の足に影響するという。