[PR]

 法務省は22日、八王子医療刑務所(東京都八王子市)に収容中だった松本昭弘死刑囚(61)が同日朝に死亡したと発表した。死因は肺炎。名古屋拘置所に収容されていたが、肺炎の悪化で今月に八王子医療刑務所に移っていた。

 確定判決によると、松本死刑囚は1994~95年、ほかの共犯者とともにフィリピン・マニラで保険金目的で男性2人を殺害。96年には長野県内で男性1人を殺害した。2002年に名古屋地裁一宮支部で死刑判決を受け、07年に最高裁で確定した。

 法務省によると、これで収容中の死刑囚は126人となった。