[PR]

 22日午後3時55分ごろ、京都市東山区一橋野本町のJR琵琶湖線の鴨川橋梁(きょうりょう)の橋桁に、下の師団街道を走ってきた大型トラックが、荷台の貨物を接触させて動けなくなった。JR西日本によると、琵琶湖線の上りなどが一部で運転を見合わせ、列車27本が運休、23本が最大63分遅れて約1万4千人に影響が出た。

 現場には3・7メートルの高さ制限があったが、東山署によると、貨物の高さはそれを上回っていたという。

 師団街道は現場を中心に約1・6キロの区間が規制され、帰宅時間帯の周辺道路では渋滞が起きた。