[PR]

 安倍晋三首相は22日、ロシアのプーチン大統領と電話で協議し、プーチン氏の訪日が難航する中、まず安倍首相がロシアを非公式訪問して首脳会談を開くよう調整を進めることで一致した。両国は春ごろにロシアの地方都市などでの首脳会談を検討している。

 電話協議は約40分間。首相訪ロの事前準備として、2月中に東京で次官級協議を開くことも確認した。首相は、ロシアとの新たな交渉役として同日付で原田親仁日ロ関係担当大使を任命したことも伝えたという。

 北方領土問題の解決や平和条約締結に意欲を見せる首相は、プーチン大統領との直接対話を重視しており、周囲にも「プーチンは約束を守る。彼と交渉することが大事だ」と語る。

 一方、ロシアはウクライナ問題を受けて経済制裁を続ける日本の態度を見極めようとしている。日ロ外交筋は「日本政府は『G7協調のためにも経済制裁はやむを得ない』と言うが、制裁の強弱はG7各国でも異なっている。経済協力への前向きな姿勢を日本が示す時だ」と語る。電話協議でも、ウクライナ問題について意見を交わしたという。

 また、両首脳は核実験を実施した北朝鮮についても協議。双方が「断じて容認できない」としたうえで、制裁に向けて国連安全保障理事会などの場で連携していくことを確認した。(冨名腰隆)