[PR]

 リオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたサッカー男子の23歳以下(U23)アジア選手権は22日、ドーハで準々決勝があり、日本(B組1位)は前後半で苦しみながらも延長戦の末、イラン(A組2位)を3―0で下し、準決勝進出。6大会連続の五輪出場にあと1勝とした。

 日本は前半、サイド攻撃を中心に、久保らが相手ゴールに迫った。逆に相手カウンターからピンチを作る場面もあった。後半はイランのシュートがバーに当たるなど決定機を与え、攻め込まれる時間が長かった。浅野(広島)、豊川(岡山)を交代出場させて攻撃の糸口を探った。

 延長前半6分、日本は室屋のクロスを豊川が頭で決めて先制。その後は相手の攻撃を櫛引の好セーブでしのいだ。延長後半に入ると、中島がミドルシュートで立て続けに2得点を挙げて、リードを3点に広げて試合を終えた。

 日本は26日の準決勝で、イラク―アラブ首長国連邦(UAE)の勝者と対戦する。勝てば五輪出場が決まり、敗れれば残り1枠の出場権をかけた3位決定戦に回る。

 日本の先発は次の通り。

 GK 櫛引(鹿島)▽DF 岩波(神戸)植田(鹿島)亀川(福岡)室屋(明大)▽MF 遠藤(浦和)原川(川崎)中島(FC東京)矢島(岡山)▽FW 久保(ヤングボーイズ)オナイウ(千葉)