[PR]

 ギリシャの沿岸警備当局によると、同国のエーゲ海南東部で22日未明、欧州を目指す難民、移民を乗せたボート数隻が相次ぎ転覆し、少なくとも42人が死亡した。17人の子供が含まれているという。ロイター通信などが伝えた。対岸のトルコから暗闇の中でギリシャ側の島を目指していた。

 国際移住機関(IOM)は19日、今年に入ってトルコ・ギリシャ間の海域で77人が死亡したと発表したが、21日にもトルコ沖で12人の遺体が発見されており、すでに死者は100人を超えたことになる。

 トルコからギリシャへ海を渡る難民や移民は例年、危険が高い冬には減るが、今年は元日から18日までに3万1千人を超え、昨年の1月総計の21倍に達している。(スコピエ=喜田尚)

こんなニュースも