[PR]

 この冬一番の強い寒気が流れ込み、日本列島は24日にかけて強い冬型の気圧配置になる。関東甲信地方では23日夕方から広い範囲で雪が降るとみられ、東京都心を含む平野部で積雪の恐れがある。気象庁は路面の凍結などに注意を呼びかけている。

 24日朝までに予想される降雪量は、多い所で関東の平野部で2~3センチ、東京23区で2センチ。箱根~多摩、秩父地方では5センチの見込み。

 強い寒気は24日にかけて、西日本~沖縄・奄美地方にも流れ込む見込みだ。25日にかけては、九州南部では山地、平地ともに大雪が予想されている。

 24日朝までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、北陸、中国で40センチ、東北、東海、近畿、九州北部で30センチ、関東甲信、四国、九州南部では15~20センチ。