[PR]

 カナダ中部のサスカチワン州ラロシュの学校で22日、銃乱射事件が起きた。CBCテレビによると、4人が死亡し、複数がけがを負ったと、警察が発表。容疑者の男の身柄を拘束したとしているが、学校の関係者かどうかは明らかにしていないという。

 ラロシュはカルガリーから約700キロ北東にあり、人口は約3千人。2011年の国勢調査によると、住民の大半はファースト・ネーションと呼ばれる先住民が占める。CBCによると、事件が起きた学校には、地元の中学生と高校生が通っているという。

 カナダは隣接する米国と異なり、銃乱射事件が比較的少ない。世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席しているトルドー首相はスイスで記者会見し、「すべての親にとって最悪の悪夢だ」と語った。トルドー氏はこの時に「5人が死亡」と述べたが、警察が後から修正した。(ニューヨーク=中井大助