[PR]

 佐賀県伊万里市で女性とその息子とみられる乳児の遺体が見つかった事件で、息子は生後数カ月だった2004年に予防接種を受けたのを最後に所在不明になり、女性が暮らしていた福岡県久留米市などが調査していたことが、市などへの取材でわかった。

 福岡県警は、約11年前に女性を殺害したとして逮捕した自称アルバイト吉富和彦容疑者(47)=伊万里市=から経緯を聴いている。

 捜査1課によると、殺害されたのは志賀勝美さん(死亡当時28~29)。乳児は和音(かずと)ちゃんとみられ、吉富容疑者は「志賀さんとの間に生まれた息子」と説明。2人を殺害したことを認めているという。

 県警が今月20日に吉富容疑者…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら