[PR]

 甘利明経済再生相の金銭授受疑惑が「週刊文春」で報じられたことについて、自民党幹部は23日、甘利氏が今週にも公表するとしている調査結果を見守る姿勢を示した。

 高村正彦副総裁は東京都内で記者団に、「すべては甘利さんが説明責任を果たす。その言葉を聞いて判断されることだ」と強調した。さらに「録音されていたり写真を撮られていたり、わなを仕掛けられた感がある。わなのうえに周到なストーリーが作られている」と主張。「自分は悪いことをしてないからってあいまいな記憶で言っていいものではない。記憶を正確にたどって、関係者と記憶を突き合わせるのに1週間いるというのは何の問題もない」と理解を示した。

 稲田朋美政調会長も名古屋市で「しっかりと調査して説明責任を果たすと言っているので、甘利さんの説明を待ちたい」と記者団に語った。二階俊博総務会長は24日に投開票される沖縄県宜野湾市長選で自民推薦候補の応援に駆けつけた。記者団から市長選への影響を問われ、「影響はない」と否定した。

こんなニュースも