[PR]

 安全保障関連法に反対する学生団体「SEALDs(シールズ)」や学者の会などの有志で設立した団体「市民連合」が23日、東京都内でシンポジウムを開いた。「イヤな時代をどう押し返すか」と題したパネルディスカッションでは、夏の参院選に向けた議論も交わされた。

 オウム真理教のドキュメンタリーを手がけた映画監督の森達也さんは「ひとつに向かう集団化が起き、同調しないものの排除が進んでいる。それはオウム真理教で起きていたことと同じ」と分析。上智大学の三浦まり教授は、学生から「政権への批判は中立的ではないから良くない」と言われたエピソードを紹介。「国家に対する一体感を求めている。そちらにいれば安心できるから」と指摘した。

 自民党が改憲の候補に挙げる「緊急事態条項」について、学習院大法科大学院の青井未帆教授は「市民が勉強しなければいけない」と語った。SEALDsメンバーで筑波大院生の諏訪原健さん(23)は「野党共闘ができても参院選での勝利は簡単ではないが、勝つと言い続ける。言葉をどう発していくかで社会は作られるから」。一方で、「選挙で一喜一憂せず、その先の社会をどう描くかも大切だ」と述べた。

 シンポジウムには俳人の金子兜太(とうた)さんも出席。昨夏の反安保デモで、参加者が掲げたプラカードに書かれた「アベ政治を許さない」との文字を揮毫(きごう)したことに触れ、「今も安倍政権を許さないという気持ちだ。野党が痛ましい状態は耐えられない」とあいさつした。