[PR]

 外国人留学生に不法就労をあっせんしたとして、福岡県警などは23日、日本語学校「JAPAN国際教育学院」(福岡県直方市)会長の上野末次容疑者(57)=同市古町=ら男女3人を出入国管理法違反(資格外活動のあっせん)の疑いで逮捕し、発表した。

 組織犯罪対策課によると、ほかに逮捕されたのは理事長の有村ひとみ容疑者(52)=同市感田=と、副理事長の上野さとみ容疑者(47)=同市古町。

 3人は昨年4~11月、19~24歳のベトナム人留学生4人に対し、学校が指定した職場で、法定の週28時間を超える就労をさせた疑いがある。県警は23日、留学生4人についても同法違反(資格外活動)の疑いで逮捕した。4人は複数の職場を掛け持ちすることで、最大で週72時間働いていた。

 入管法施行規則では、留学の在留資格の場合、アルバイトなどで働けるのは週28時間以内と定めている。

 上野容疑者ら3人は「学生が1週間28時間を超えて働いていたとは知らなかった」と容疑を否認。留学生4人は認めているという。

 同校は株式会社のブリックグル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら