[PR]

 この冬で最も強い寒気が流れ込んだ影響で、23日は北海道から西日本にかけて広い範囲で雪が降った。25日にかけて冬型の気圧配置が続く見込みで、九州南部でも大雪が予想される。空の便では23日から九州と東京を結ぶ便を中心に欠航が相次ぎ、24日も続く見通しだ。

 気象庁によると、23日午後11時までの24時間に降った雪の量は、広島県北広島町で47センチを記録したほか、島根県飯南町で37センチ、北海道留萌市で28センチなど。北信越地方などでも広い範囲で雪が降った。

 24日にかけても、北陸や西日本を中心に雪が降り、太平洋側の平地でも積雪の可能性がある。同日午後6時までの24時間で予想される降雪量は、多い所で、北陸地方80センチ▽東北、東海、中国50センチ▽近畿40センチ▽九州北部30センチ▽四国、九州南部20センチ。風も強く、広い範囲で最大風速20メートル以上になると予想されている。

 また、25日にかけても雪が降りやすく、同日午後6時までの24時間で、北陸、近畿50~70センチ▽東北、中国40~60センチ▽関東甲信30~50センチなどの降雪が見込まれている。

 航空各社の国内線は23日夕から、九州と東京を結ぶ便を中心に欠航が相次いだ。同日午後8時までに、全日空36便、日本航空15便、スターフライヤー8便、ソラシドエア2便が欠航を決定。5千人あまりに影響が出た。24日も朝から、九州からの便を中心に欠航が続く見通しで、日本航空54便、全日空30便、ソラシドエア24便、スターフライヤー14便の欠航が決まっている。