「第21回東関東アンサンブルコンテスト」(東関東吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の中学、職場・一般の2部門が24日、栃木県真岡市の真岡市民会館大ホールで開かれた。2部門には神奈川、千葉、茨城、栃木の4県の54団体が出場し、演奏を披露した。

 金賞団体のうち、中学部門の古河市立総和中の打楽器6重奏と松戸市立第一中の木管8重奏、職場・一般部門の横浜ブラスオルケスターのサクソフォン4重奏とロッチウインドアンサンブルのクラリネット4重奏が、3月19日に高松市のアルファあなぶきホールである全国大会に出場する。

 結果は次の通り。(打=打楽器、サ=サクソフォン、ク=クラリネット、フ=フルート、木=木管、トロ=トロンボーン、金=金管、管=管楽、ユ=ユーフォニアム、トラ=トランペット、数字は重奏の略)

 【中学校】金賞 東金市立東(打8)、古河市立総和(打6)、習志野市立第四(ク4)、習志野市立第五(フ3)、松戸市立第一(木8)、横浜市立田奈(木8)、習志野市立第一(トロ4)、松戸市立第一(金8)、高根沢町立阿久津(金8)、習志野市立第五(金8)▽銀賞 真岡市立物部(打5)、日立市立多賀(打3)、日光市立今市(打3)、宇都宮市立清原(サ4)、宇都宮市立清原(ク4)、県立相模原中等教育(ク4)、日立市立大久保(フ3)、川崎市立西生田(フ3)、日立市立豊浦(フ3)、横須賀市立鴨居(木8)、厚木市立小鮎(木8)、横浜市立丸山台(金8)▽銅賞 宇都宮市立陽西(打3)、宇都宮大教育学部付属(サ3)、取手市立取手第一(ク4)、大和市立引地台(木8)、日光市立東原(金6)、水戸市立第五(金4)、日立市立多賀(金4)

 【職場・一般】金賞 光ウィンドオーケストラ(サ8)、ロッチウインドアンサンブル(サ4)、横浜ブラスオルケスター(サ4)、ロッチウインドアンサンブル(ク4)、フェニーチェ・ウィンド・アンサンブル(木8)、ル・シエル音楽団(木5)、ヴェントムジカオルケストラ(木3)、光ウィンドオーケストラ(トラ5)、横浜ブラスオルケスター(金8)▽銀賞 古河シティウインドオーケストラ(打8)、ZERO SAXOPHONE ENSEMBLE(サ8)、ひたちなか交響吹奏楽団(ク4)、グランツクラリネットアンサンブル(ク4)、naniwo ウインドオーケストラ(ク4)、宇都宮音楽集団(フ4)、ゼーレンフォルクスオルケスタ(フ4)、ウインドオーケストラ音秘(木3)、ゼーレンフォルクスオルケスタ(金8)、アンサンブル Strom(金8)▽銅賞 真岡ウインドオーケストラ(打3)、宇都宮音楽集団(サ4)、聖徳ウィンド・アンサンブル(管8)、アニマ・ディ・ペルゾーネ・オーケストラ(ユ3)、ひたちなか交響吹奏楽団(金8)、マーキュリーバンド(金4)