大阪産業大(大阪府大東市)の工学部の元准教授が、在職中に発表した論文について他の論文からの盗用を指摘され、依願退職していたことがわかった。

 大学によると、論文は元准教授らが2004年に環境工学分野の学会誌に発表。他の研究者による論文の本文や図表を32カ所にわたって流用していた。

 昨年3月の元准教授の昇任審査の際、大学が論文を精査して発覚。元准教授は「執筆は非常勤講師に任せ、自分は取りまとめただけだ」と説明したが、大学は「論文の第一著者として責任がある」と判断。降格処分にする方針だったが、元准教授は処分前に依願退職した。非常勤講師も調査の過程で経歴詐称が発覚し、依願退職している。

 大産大は「真摯(しんし)に受け止め、不正行為を起こさない取り組みを実施する」としている。