[PR]

 鹿児島市で2012年、女性に性的暴行を加えたとして強姦(ごうかん)罪に問われた男性(23)に懲役4年を言い渡した一審判決を破棄し、無罪とした福岡高裁宮崎支部判決について、福岡高検は上告期限の26日、上告しないことを明らかにした。男性の無罪が確定した。

 今月12日の高裁支部判決は、鹿児島県警のDNA型鑑定の手法や、検察側が控訴審の審理中に裁判所に通知せず独自に鑑定したことを厳しく批判していた。福岡高検の保坂直樹刑事部長は「判決には承服しがたい点があるが、上告すべき憲法違反や判例違反があるとまでは言いがたい」と説明した。

 男性は鹿児島市の路上で12年10月、当時17歳の女性を強姦したとして起訴されたが、「酔っていて記憶がない」と無罪を主張していた。県警は女性の体内から検出した精液を鑑定し、「抽出されたDNAは微量で鑑定できない」としたが、14年2月の一審・鹿児島地裁判決は、女性の胸から男性と一致するDNA型が検出されたことなどから、男性に暴行されたとする女性の証言は信用できると結論づけた。

 一方、控訴審では、弁護側の請求に基づき高裁支部が再鑑定したところ、体液から精子のDNAが検出され、男性とは別人のものと判明した。高裁支部は女性の証言についても、「虚偽を述べていたとしか考えられない」と信用性を否定。「本件を強姦とみるには不自然」として、男性に無罪を言い渡した。

 男性の弁護団は26日、高検の上告断念を受け「これで日常の生活に戻ることができると思います」とのコメントを出した。(安田桂子)