[PR]

 24日午前0時過ぎ、福岡県大野城市上大利(かみおおり)4丁目の県道で、乗用車や原付きバイクなど計11台が絡む事故があった。福岡県警によると、20代の男性2人が腕や足などに痛みを訴えたが、いずれも軽傷という。県警は、凍結した路面でスリップしたとみている。

 春日署によると、現場は片側2車線。陸橋の下り坂で緩いカーブになっている。転倒した原付きバイクに後続の乗用車が追突し、さらに軽乗用車が追突するなど計11台が巻き込まれた。現場付近では当時、断続的に雪が降り、路面が凍っていたという。