[PR]

 国内有数のマグロ水揚げ漁港である和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港に24日朝、重さ417キロの巨大なクロマグロが水揚げされた。市場関係者によると、昨年水揚げされた411キロを上回り、勝浦漁港では過去最大という。

 宮崎県川南町のはえ縄漁船第1海伸丸(19トン、乗組員7人)が、22日に勝浦漁港から南に約180キロ沖合でとった。児玉博船長(49)は「正月明けての初航海でこんな大物がとれたのは初めてで、驚いた」と話していた。

 マグロは1キロ当たり4650円(1本209万4174円=税込み)で那智勝浦町の「ヤマサ脇口水産」が競り落とした。(東孝司)