[PR]

 JR九州によると、九州各地では24日、雪の影響による運休や間引き運転が相次いでいる。午後1時現在、博多―宮崎空港を走る特急の「にちりんシーガイア」のほか、「ゆふいんの森」や「九州横断特急」など観光列車は終日運休が決まった。

 博多―佐賀・長崎の「かもめ」も、長崎行きの運転を見合わせて博多―佐賀で折り返し運転をしている。博多―大分・佐伯の「ソニック」も一部が運休し、大幅な遅れが出ている。九州新幹線は本州からの直通の下り列車に60分ほどの遅れが出ている。

 西日本鉄道によると、九州各地を走る高速バスも13時までに計33路線で終日運休が決まった。

 西鉄天神大牟田線や福岡市営地下鉄は、平常通り運転している。

 空の便では、日本航空が正午までに羽田と九州各地を結ぶ便を中心に103便の欠航を決めた。全日空も午後1時までに羽田と九州各地を結ぶ便など計155便の欠航を決めている。