[PR]

 JR西日本によると、九州北部や山口県に降った雪の影響で、山陽新幹線は24日の始発列車から徳山―博多間で速度を落として運転。さらに午前10時45分ごろ、博多駅付近の車庫でポイント故障が発生し、新幹線の回送路線を利用した博多南線(博多―博多南)の運転を約2時間半にわたり見合わせた影響で、山陽新幹線に最大約120分の遅れが発生している。