[PR]

 この冬で最も強い寒気が流れ込み、西日本の日本海側や九州を中心に雪や強風となった影響で、中部空港(愛知県常滑市)では24日午後2時現在、長崎や鹿児島など九州便を中心に国内線35便と国際線2便の計37便が欠航となっている。

 中部空港会社によると、欠航のほとんどは相手空港側の積雪など悪天候の影響。晴天で降雪もない中部空港周辺でも強風による欠航があったという。