[PR]

 この冬一番の強い寒気が日本列島上空に流れ込んだ影響で、九州・山口地方で24日未明から断続的に雪が降り続いている。福岡、長崎、沖縄各県で観測史上最低の気温を記録。福岡管区気象台によると、厳しい冷え込みは25日まで続く見通し。

 各地の降雪は午前11時の時点で、長崎市13センチ、佐賀市6センチ、山口市4センチ、熊本県南阿蘇村3センチ、福岡市中央区1センチなど。24日夜遅くにかけて暴風雪が強まる可能性がある。

 また午前11時までに福岡・博多で零下3・9度、長崎・上五島で零下3・8度、沖縄・慶良間諸島で8・3度など、各地で観測史上最低の気温を更新した。