[PR]

 廃棄食品横流し問題で愛知・岐阜両県警の合同捜査本部は24日、産業廃棄物処理業ダイコー(愛知県稲沢市)の関連先を家宅捜索し、ダイコーから横流しを受けたみのりフーズ(岐阜県羽島市)も検証した。

 愛知県警はこれまで、廃棄を請け負った冷凍カツを処分せず産廃管理票に処理完了と虚偽記載したとしてダイコーを廃棄物処理法違反の疑いで家宅捜索。みのりフーズも捜索していた。

 この日は稲沢市のダイコーの配送センターに捜査員約10人が入って段ボール箱約10箱を運び出した。合同捜査本部では食品衛生法違反も視野に流通ルートの解明を進めている。