[PR]

 24日午前10時56分ごろ、JR津軽線蟹田駅(青森県外ケ浜町)で、新青森発函館行きの特急スーパー白鳥1号(8両編成、乗客約200人)が、JR北海道の車掌が乗り遅れたため、35分遅れて発車した。他の列車へ影響はなかった。

 同社によると、函館支社の車掌(60)が手前の青森駅で乗り込み、蟹田駅でJR東日本の車掌と交代する予定だったが、青森駅で蟹田駅の発車時間と勘違いして乗り遅れたという。特急の発車後に気づき、青森駅からタクシーで追いかけたが、特急は車掌が到着するまで蟹田駅で停車した。

 同支社は「ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。再発防止へ向け指導を徹底していきたい」とコメントした。