[PR]

 大相撲初場所(東京・国技館)千秋楽の24日、大関の琴奨菊(31)=本名・菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が14勝1敗で初優勝を果たした。日本出身力士の優勝は、2006年初場所の大関栃東以来、ちょうど10年ぶりとなった。新入幕から66場所での優勝は、86場所だった旭天鵬に次ぐ歴代2位の記録。

 初日から順調に白星を並べ、10日目に鶴竜、11日目に白鵬、12日目には日馬富士と3横綱を倒した。大関以下の力士による3日連続の横綱戦勝利は、1991年初場所で優勝した大関霧島以来、25年ぶり。2002年初場所の初土俵から14年をかけて念願の賜杯(しはい)を手にした。3月の春場所で、初の綱とりに挑む。

 2敗で追っていた横綱白鵬は日馬富士に上手投げで敗れ、平幕の豊ノ島は栃煌山に突き出された。新関脇の嘉風は栃ノ心を寄り切って、勝ち越した。

 琴奨菊に唯一、土をつけた豊ノ島が殊勲賞を、新入幕で2桁の10勝を挙げた正代が敢闘賞を受賞した。技能者は該当者がいなかった。

     ◇ 

中入り後の勝敗は次の通り(左側が勝った力士)

千代鳳 おしだし  豪 風

正 代 よりきり  臥牙丸

佐田海 よりきり  千代大

妙義龍 はたきこみ 誉富士

 輝  つきおとし 玉 鷲

隠岐海 つきおとし 豊 響

徳勝龍 ひきおとし 阿夢露

蒼国来 よりたおし 北太樹

琴勇輝 つきおとし 貴ノ岩

旭秀鵬 おしだし  御嶽海

魁 聖 よりきり  逸ノ城

高 安 おしだし  宝富士

碧 山 よりきり  松鳳山

 勢  おしだし  安美錦

嘉 風 よりきり  栃ノ心

栃煌山 つきだし  豊ノ島

琴奨菊 つきおとし 豪栄道

稀勢里 よりきり  鶴 竜

日馬富 うわてなげ 白 鵬

■各段優勝

 ▽十両 英乃海(ひでのうみ)本名・岩崎拓也、東京都出身、木瀬部屋、26歳。

 ▽幕下 栃丸(とちまる)本名・長谷山正典、東京都出身、春日野部屋、23歳。

 ▽序二段 魁渡(かいと)本名・萩原頌胆、新潟県出身、浅香山部屋、19歳。