[PR]

(24日、大相撲初場所千秋楽)

 拍手と大歓声が国技館(東京都墨田区)に響いた。大関・琴奨菊(31)が初の賜杯(しはい)を手にした。けがに苦しみ一時は引退も考えながら、ひたむきに前に出る相撲を取り続けた。日本出身力士の優勝は10年ぶり。喜びと称賛、今後への期待の声が、各地で上がった。

 国技館(東京都墨田区)は、琴奨菊の突き落としが決まった瞬間、大きな歓声が湧き、座布団が舞った。会社員松林睦さん(44)と主婦中田香織さん(41)は「立ち合いから勢いがあって琴奨菊らしい相撲だった」と興奮気味。「やはり強い力士がいると力をもらえる。横綱白鵬も含め、これからも国を超えて応援したい」と話した。

 JR両国駅西口に設置されたテレビモニターの前でも多くの人が優勝の瞬間を見守った。建設業工藤忍さん(65)は、10年ぶりの日本出身力士の優勝に立ち会いたいと前夜に長野県上田市からやってきた。「巨人、大鵬、卵焼きで育ったから、今日は大鵬を思い出した」という。「角界は不祥事が続いたけど、これをきっかけにまた人気が上がるといい。琴奨菊にはこのまま横綱になって欲しいね」

 西口のモニターに連日通ったという舞踊家倉井陽子さん(72)は「前日の取組の勢いを見て、今日の優勝を確信していた」と笑顔。「遠藤ら他の日本出身力士にも頑張ってもらい、日本全体が相撲に燃えるようになればいい」と期待を込めた。(中田絢子

■NHKの大相撲中継でゲスト解…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら