[PR]

 米大統領選の民主党候補者指名獲得に向け、全米に先駆けて勝者が決まる2月1日のアイオワ州党員集会まで1週間を切った。州内の世論調査では、「民主社会主義者」を自称して格差是正を訴える左派のバーニー・サンダース上院議員(74)が支持を伸ばし、ヒラリー・クリントン前国務長官(68)を猛追。予断を許さない情勢になっている。

 「投票日まで10日、アイオワ州に集中よ。首位ヒラリー氏に追いつけるわ!」

 22日夜、ニューヨークのアパート一室。自宅を開放した主催者のマリナ・ルッツさん(56)の掛け声で、サンダース支持者の「電話作戦」が一斉に始まった。7人全員が初対面のボランティア。西に1800キロ離れたアイオワ州の有権者に電話し始め、ここで集めた感触を戸別訪問で「地上戦」を展開するアイオワ州の運動員と共有する。

 全米規模の世論調査ではクリントン氏が優位だが、アイオワ州ではサンダース氏が猛追。各社の世論調査でほぼ拮抗(きっこう)し、CNNの調査ではサンダース氏がリードしている。2月9日にある「第2戦」のニューハンプシャー州ではクリントン氏の倍近い支持率があり、2連勝の可能性もある。

 サンダース氏の追い上げを支えるのが若者層だ。アイオワ州では30歳未満の7割強が、全国でも25歳未満の3人に2人がサンダース氏を支持。ウォール街を批判し、経済・社会的な格差の是正や、高騰する公立大学の授業料無償化などを掲げる同氏に共鳴する。

 電話作戦に加わったニューヨー…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら