[PR]

 安倍晋三首相は25日午前、米軍普天間飛行場の地元・沖縄県宜野湾市長選で政権が支援する現職が再選されたことについて、「良かったですね」と首相官邸で記者団に語った。普天間の名護市辺野古への移設計画を進める政権にとって、追い風になるとの見方を示した。

 また、中谷元・防衛相は同日、「地元に説明し、理解を得るべく対話は続けていきたい」と防衛省で記者団に語り、今週末にも沖縄入りする考えを示した。中谷氏は、宜野湾市長選で再選を果たした佐喜真淳(さきまあつし)氏や、移設に反対する翁長雄志(おながたけし)知事、名護市の稲嶺進市長らと面会し、移設事業への理解を求める意向だ。

 菅義偉官房長官も同日午前の記者会見で、「今まで『オール沖縄』という形で沖縄の人がすべて(辺野古移設に)反対という風なことだったが、実態と言葉があまりにもかけ離れている。今回の結果も、市民の皆さんが様々なことを考えたうえで判断されたんだろう」と述べ、移設に地元の理解を得ることに自信を示した。

こんなニュースも