[PR]

 25日午前9時35分ごろ、仙台市青葉区旭ケ丘1丁目で、デイサービス施設の利用者を送迎中のワゴン車が道路から約3メートル下の駐車場に転落した。仙台北署などの説明では、施設を利用する仙台市在住の90代女性が全身を強く打ってまもなく死亡した。ほかに60~80代の男女5人がけがをした。施設の送迎職員2人にけがはなかった。

 デイサービス施設は、アースサポート(本社・東京都渋谷区)直営の「アースサポート仙台青葉」。

 署によると、現場は住宅街の一角。ワゴン車が下り坂の左カーブを曲がりきれず、道路右側、約3メートル下にある駐車場に落ちたらしい。路面には雪が積もり、踏み固められた状態だった。署はスリップしたとみている。

 仙台管区気象台によると、午前10時時点で仙台市内は雪がちらついていた。市内の積雪は12センチで、12時間降雪量は4センチだった。