[PR]

 俳優の石田純一さんとプロゴルファーの東尾理子さん夫妻が25日、厚生労働省で、省内の保育園に通う園児とその親と面会した。2人は風疹や麻疹(はしか)の予防対策などを話し合う厚労省の会議のメンバーで、ワクチン接種の重要性を訴えた。

 妊娠中の女性が風疹ウイルスに感染すると、赤ちゃんに心臓病や難聴などの障害が残る先天性風疹症候群(CRS)が起こる恐れがある。厚労省は、妊娠前に夫婦らに風疹ワクチンの接種を呼びかけている。

 東尾さんは現在、第2子を妊娠中で、「風疹も含めいろいろな接種をしっかり受けていきたい」。石田さんも「防げるものはワクチンでしっかり防ぎたい」と話した。(福宮智代)