[PR]

 東京消防庁は急病の男性(73)宅から通報を受けた際、住所を誤って聞き取り、現場到着が約14分遅れたと25日に発表した。男性は到着時、心肺停止状態で搬送先の病院で死亡した。同庁は今後、到着の遅れと死亡との因果関係を調べる。

 同庁によると、24日午前7時20分、東京都立川市柏町の民家から、「トイレの中で男性が倒れて呼びかけに反応がない」との趣旨の通報が立川消防署にあった。電話を受けた男性消防士長(48)は住所を約2キロ離れた同市栄町と聞き間違え、指令室に救急車の出動を要請したという。

 10分後に救急隊員らが到着したが急病人は見つからず、再び男性宅に電話をして間違いに気づき、本来より約14分遅れて到着した。同庁は、通報を受ける際には通報者に住所を復唱してもらうよう指導していたが、消防士長は自身で住所を復唱していたという。

 原崎義之・広報課長は「あってはならないことであり、家族の方、都民の皆様の信頼を損なったことに対し、心からおわび申し上げます」とのコメントを出した。