[PR]

 タクシー運転手の1日あたりの乗務距離を国が制限するのは違法だとして、「名古屋エムケイ」(名古屋市)が規制の取り消しなどを求めた訴訟で、最高裁第一小法廷(大谷直人裁判長)は21日付で、国の上告を受理しない決定をした。国の敗訴が確定した。

 乗務距離の制限をめぐっては、エムケイグループが札幌、東京、大阪、福岡の各地裁で、国に対し同様の訴訟を起こしてきた。名古屋での勝訴で、すべて国が敗訴した。

 国土交通省中部運輸局は2009年の公示で、名古屋市周辺地域で毎日乗務するタクシー運転手の走行距離を1日あたり270キロまでと制限。訴訟で名古屋エムケイ側は「営業の自由の侵害だ」と主張していた。

 14年5月の二審・名古屋高裁判決は、規制を設けること自体が「裁量権の乱用」と判断。名古屋市の周辺地域は規制当時、不況でタクシーの需要が減っていて乗務距離を制限する必要はなく、制限を超えたことを理由に処分されるべきではないとした一審・名古屋地裁判決を支持した。

 決定を受け、国交省自動車局旅客課は「名古屋を含め、敗訴した地域について、規制内容の見直しを検討する」としている。