[PR]

 スポーツ庁が25日、同庁のシンボルマークの最終候補作5点をホームページ上で公開した。2月5日まで意見を募集する。5点は、昨年7月からの公募に応じた215点から絞り込み、商標調査を経たもの。寄せられた意見を踏まえて鈴木大地長官がマークを決定し、年度内に発表する。

 同庁のマークは当初、同10月1日の同庁発足に合わせて決定する予定だったが、同9月の東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムの白紙撤回を受け、選考を一時中断。今回の意見募集は選考の透明性を高めるために手続きに加えた。最近では政府が今年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)のロゴマークの候補作を公開して意見を募ったが、省庁のシンボルマークで意見募集を行うのは珍しいという。

 候補作や意見の提出方法は、スポーツ庁のサイト(http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/houdou/28/01/1366351.htm別ウインドウで開きます)で見られる。

関連ニュース