コンビニ大手のサークルKサンクスは、全国約6300の加盟店の人手不足解消につなげようと、アルバイト採用の支援を強化する。2月1日から本部(東京)のアルバイト受け付けセンターで「面接設定サービス」を始め、店舗の負担を軽減する。

 24時間営業のコンビニは1店舗あたり15~20人のアルバイトが必要だが、人手不足が深刻だ。そのあおりで加盟店主の深夜勤務が増えるなど、アルバイト確保は業界全体の課題となっている。

 そこでサークルKサンクスは、加盟店主に事前にウェブで面接可能日を入力してもらう仕組みを導入する。応募者から電話で申し込みを受けると、本部側はその場で面接日を確定させることができる。ウェブでの申し込みでも、店側の面接可能日時が表示され、その場で面接日を決められるという。

 これまで店主は、応募者の情報を本部から受けると、業務の合間をぬって1人につき平均4回ほど電話し、面接日程を調整していたが、この作業が不要になる。バイト希望者にとっても、面接日時が迅速に決まるメリットがある。

 忙しい店主がなかなか対応できなかったり、電話でのやりとりに時間がかかったりし、その間に応募者が他の会社に流れることもあったという。採用過程を効率化することで、採用率アップにもつなげる。