[PR]

 がんの遺伝子治療と称して、医師免許を持っていないのに点滴をしたとして、警視庁は25日、歯科医師の玉置(たまき)秀司(ひでし)容疑者(58)=東京都府中市=ら3人を医師法違反(無免許)の疑いで逮捕し、発表した。いずれも否認しているが、警視庁は、末期がん患者ら少なくとも16人から治療費として計約2500万円を受け取ったとみている。

 ほかに逮捕されたのはNPO法人「先端医療支援機構」理事の玉置公人(きみと)(42)=東京都港区=と看護師の赤坂修子(42)=東京都大田区=の両容疑者。

 生活環境課によると、逮捕容疑は、秀司容疑者が院長を務めていた東京都江東区の「東京有明メディカルクリニック」(廃院)で2013年9月~14年3月、肺がんなどのがん患者6人に、医師免許を持たないのに遺伝子治療と称して点滴したというもの。秀司容疑者は「口腔(こうくう)がんの治療と予防だった」と話しているという。警視庁は3人が知り合った経緯も調べている。

■「進行がストップ」弱みにつけ込む

 「がんの骨への転移が消失した」「がんの進行が完全にストップした」。逮捕された玉置公人容疑者が理事を務めるNPO法人のホームページには、こうした「治療例」が掲載され、公人容疑者は、玉置秀司容疑者のクリニックを紹介していたという。

 来院していたのは「治らない」と宣告された人が多かったといい、捜査幹部は「わらにもすがりたい末期がん患者の弱みにつけ込んだ悪質な事件だ」と話す。

 警視庁生活環境課の説明では、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら