[PR]

 政務活動費900万円余りの詐欺罪などに問われた元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)について、神戸地裁は25日、初公判に強制的に出廷させるため異例の「勾引(こういん)」に踏み切った。在宅起訴した神戸地検が身柄を拘束した。「号泣会見」から1年半。起訴内容について、26日の初公判でどう説明するか注目される。

 野々村被告は昨年11月の予定だった初公判について「マスコミ関係者と鉢合わせし、精神的にパニックになった」(弁護側)と急きょ欠席。佐茂剛(さもたけし)裁判長は初公判を延期し、改めて今月26日午前10時半に指定していた。捜査関係者によると、今回も「マスコミが付きまとうので出られない」と不安を口にしたという。

 野々村被告が父母と住んでいるとされる大阪市住之江区の市営住宅には25日午前9時半すぎ、神戸地検の係官らが到着。インターホン越しにやり取りした後、家の中に入った。被告は午前11時40分ごろ、神戸地裁へ身柄を移送され、勾引の手続きを受けたという。

 被告が正当な理由なく公判に出廷しないおそれがある場合、裁判所は刑事訴訟法に基づき、強制的に出廷させる勾引の手続きをとれる。佐茂裁判長は、野々村被告が今回も出廷しない可能性があると判断したとみられる。勾引状が出ると検察官の指揮で検察事務官や警察官が被告の身柄を確保し、裁判所に連れてくる。

 野々村被告は2014年7月、政活費をめぐる疑惑を受けて開いた記者会見で号泣しながら釈明。辞職後、過去に受け取った政活費1834万円を全額返還したが、県議会や市民団体の告発を受けて兵庫県警が捜査。神戸地検が昨年8月に在宅のまま起訴した。この事件をきっかけに、地方議会で政活費の支出ルールを見直す動きが進んだ。