[PR]

 今夏のリオデジャネイロ五輪・パラリンピックの閉会式で、2020年東京大会の組織委員会が8分間のプレゼンテーションを行う「フラッグハンドオーバーセレモニー(旗の引き継ぎ式)」の検討メンバーに、音楽家の椎名林檎さん、クリエイティブディレクターの佐々木宏さんら8人が就任した。組織委の理事会で25日報告された。プレゼンテーションはリオ市長から東京都知事への五輪旗、パラリンピック旗の引き継ぎに続いて行われ、東京が大会のビジョンや日本の魅力を世界に伝える最初の場になる。

 理事会では東京大会のレガシー(遺産)を残すための「アクション&レガシープラン」の中間報告もあり、「ようい、ドン!」と名付けた教育プログラムや東日本大震災の被災地の子どもを招待する「子どもレポーター」、大会公式歌やオリ・パラ音頭の創作などが案に盛り込まれた。