[PR]

 長野県池田町の勝山隆之町長(69)が酒気を帯びた状態で同県松本市内の道路で車を運転したとして、県警松本署から道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで取り調べを受けていたことが25日、県警への取材でわかった。

 勝山町長は25日午後、報道陣に対し「町長という立場で大変申し訳ない」と飲酒運転を認めた。26日に記者会見を開き、経緯を説明するという。

 県警や勝山町長の説明などによると、勝山町長は22日午後11時過ぎ、松本市内で酒を飲んだ後に車で帰宅する途中、市内の松本城近くの道路で署の検問を受けた。検査で、呼気1リットルあたり0・15ミリグラムを超えるアルコールが検出されたという。22日夜に公務は入っておらず、私用だったとみられる。

 25日午後、町議会の全員協議会に出席した勝山町長は、「(当日は)酎ハイを5、6杯飲んだ」と説明したという。

 勝山町長は酒販店経営で、2008年に初当選し、現在2期目。今年6月に予定されている町長選に立候補するかどうかは明らかにしていない。