[PR]

■細野豪志・民主党政調会長

 改革政党としての旗が不鮮明になっている。行政改革、政治改革、憲法改正の議論をしっかりと党内でやっていくことも重要ではないかと考えている。

 選挙のことはあまり言わない方がいいかもしれないが、憲法の議論について共産党と一緒に護憲を掲げるような政党にはなるべきではないし、そうなったときには改革政党の旗を返上しなければならないとすら感じている。野党勢力を結集し、新党をつくりたい。これは、我々の生き残りのためではなく、国民の選択肢をつくるためだ。(25日、東京都内のパーティーで)

こんなニュースも