[PR]

先駆け「BABY in ME」 考案者・村松さんに聞く

 「BABY in ME」というマークを知っていますか。「妊娠しています」と周囲に示すマークで、厚生労働省が選んだマタニティーマークに先駆け、1999年に発表されました。17年前から使われ続けている草分けのマークは、どんなふうに生まれたのか。考案した横浜市在住のライター村松純子さん(52)に聞きました。

 ハートをおなかに抱く女性が線画でユーモラスに描かれ、「BABY in ME」とうたうマークだ。「妊婦は赤ちゃんをおなかに抱っこしているのと同じだと思って、赤ちゃんをハートで見える化したんです。かわいい~って見た人が笑顔になるよう、おしゃれに雑貨っぽく」

 

つらさ伝えたい

 考えるきっかけは20年ほど前。友人がつわりで気持ち悪くても「二日酔いか」としか思われず、電車通勤に苦しんでいた。自身はアレルギーがひどく、電車で立つのもつらかった。しんどさが伝わらない苦しさは友人も自分も同じだな。「つらいですマーク」を作ろう!と思い立った。

 なかでも妊婦を対象としたマークにしたのは、赤ちゃんの命を守ることが大事だと思ったから。

 「マークをつけた妊婦にだれかが席を譲る場面を見た人が、別の機会に高齢者や内部障害者へ気遣いをするかもしれない。やさしい気持ちを引き出す、気づきの一歩になれば」。そう期待した。

 押しつけがましくなく、つける女性も楽しくなるデザインをと、1年余り試行錯誤した。できたのは99年、36歳のとき。いきなりは量産できず、ロゴ入りTシャツ20枚を作ったのがスタートだ。

 2年後にバッジを作り、新聞や雑誌でとりあげられて話題に。その後、北海道釧路市(いまは終了)といった自治体や病院で配られるようになった。東京都千代田区は2003年から配布を続け、妊娠を届け出たときの「母と子の保健バッグ」に入れてバッグチャームが渡される。

 

社会の意識、変化

 当初、鉄道会社などにPRしても、「妊娠中と示すのは恥ずかしい、と抵抗感が妊婦にあるだろう」と後ろ向きだったという。ところが、「席を譲ってもらった。友だちに贈る」「私のお守り」とネット販売で手に入れた使い手がブログなどで評判を広めた。05年には、自治体の配布分も含めてバッジが1万個ほど売れた。

 「バッジをつけてくれた人たち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも