[PR]

 九州電力が川内原発(鹿児島県)で重大事故時の対策拠点となる免震重要棟の建設を撤回した問題で、原子力規制委員会は26日の審査会合で、昨年末の撤回申請を出し直すよう求めた。九電は今後指摘を検討したうえで、申請を出し直すかを決める。

 九電は当初、免震棟の中に新規制基準で義務づけられた「緊急時対策所」をつくるとし、再稼働を急ぐための当面の措置として代替対策所を建設して審査に合格した。だが、再稼働後の昨年12月、代替の対策所を使い続けたうえで、免震棟の代わりの耐震支援棟をその隣に建てると申請した。