[PR]

 私鉄で国内最古の現役駅舎とされる南海本線浜寺公園駅(堺市西区)が28日未明の終電発車後に引退し、109年の歴史に幕をおろす。国の登録有形文化財に指定された駅舎は、2027年度に完成予定の新駅舎のエントランスとして再利用される。

 「長い間ありがとう。お疲れ様でした」。27日午前、地元住民によるお別れセレモニーがあり、駅を管轄する岡本安善・泉大津駅長(59)が駅舎に一礼した。地元自治連合会長の田中正史さん(80)は「私たちのシンボルであり誇り。券売機や改札はなくなり駅舎としての機能は終わるが、きれいになって戻るのが楽しみ」と話した。

 駅は堺市の連続立体交差事業で高架化される。28日の始発から隣接する仮駅舎が使われる。いまの駅舎は解体せずに「曳家(ひきや)」という工法で駅前の広場に約30メートル移動。再利用されるまで、市民の交流の場にすることなどを検討している。

 駅舎は東京駅丸の内駅舎の設計で知られる辰野金吾氏の事務所の設計で1907(明治40)年に建てられた。木造平屋で、白い壁に赤い屋根、三角形の出窓のレトロなデザインで親しまれてきた。27日も鉄道ファンが訪れ、駅舎との別れを惜しんだ。(村上潤治)